Welcome

厳しい寒さから急激な気温の上昇で、一気に咲いた桜もそろそろ葉桜へ。                           こんなに大きな気温の変化、身体がついていけないという方も多いのでは?                                 筍などの苦みのあるもので毒だしして、キャベツなどの春の野菜の甘みを摂って胃腸を元気にしてください。                                          

 

今月の<スープ>「春キャベツのすり流し」                                                       キャベツとカシューナッツをじっくりじっくり炒め、かつおだしで煮てミキサーにかけました。                 芽キャベツと辛子を浮き身に添えて。                                           キャベツの甘みが胃腸を元気にしてくれるはずです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

<野菜鉢>「若竹煮」                                                                 新筍と相性抜群のわかめ、そこへ湯葉も加えました。                                     筍の歯ごたえと香り、出しを含んだやさしい春を味わってください。                                                                                                                                                                                

 

<ぬくもの>「鯛の香り天ぷら」                                            皮だけ香ばしく炙った鯛の切り身とアスパラを、串に刺して天ぷらに。                              衣の中に桜の花と葉の塩漬けを刻んで混ぜました。                                     ふわっふわの鯛の身の食感と春の香りが口の中に広がります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

 

<お造り>「炙り鰆のしょうゆジュレ」                                         皮を炙った鰆のお刺身に醤油ジュレをのせて、おろし生姜を添えました。                                                皮の香ばしさと鰆の甘みが生姜醤油と相性ピッタリ。                                                    

 

<魚料理>「紅富士鱒の香りねぎ油」                                          きれいな色の鱒を中華風に。香ばしく焼いた後、ねぎをたっぷりのせて熱々のごま油をジュジュジュっと。            蛤や新玉ねぎ、そら豆とご一緒に。                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                              

 

Information                                                                                                                                                 <みなさまへお願い>

できるだけ前もってのご予約をお願いいたします。当日突然のご来店ですと、かなりお待たせすることがございます。                                                                                     お越しいただく前にでもお電話をいただけると大変ありがたいです。  

また、夜のコース料理ですが、¥6000・¥8000・¥10000のコースは前日までのご予約とさせていただきます。                                                                                   当日のキャンセルにつきましては、半額のキャンセル料をいただいております。どうかご了承くださいませ。                    

 

皆様のお越しをお待ちしております。                                    胡豆昆店長・料理長  中西敦子            

Information