Welcome

あけましておめでとうございます。                                                      本年もどうぞよろしくお願いいたします。                                                   厳しい寒さの中での仕事始め、心も身体も思うようについていけないかもしれませんね。                            たっぷり睡眠をとって、身体を温めるものや辛味、塩味のあるものも摂って、エネルギーを蓄えてください。                                       

 

今月の<スープ>「蕪のすり流し」                                                     たまねぎ、えのきと一緒にじっくり炒めた蕪を、昆布出しでとろとろになるまで煮てミキサーにかけました。                     あとは酒粕と豆乳も少し。ビーツのペースト、水辛子と一緒に召し上がってください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

 

<野菜鉢>「シャキもち蓮根」                                                         料理教室でも好評だった蓮根の炒め煮。                                                    シャキシャキの歯ごたえと、すりおろした蓮根のもちもち感が同時に味わえる、欲張りな煮ものです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

 

<ぬくもの>「海老団子の包み揚げ」                                                    海老のすり身と豚バラ肉をしっかり練った生地で、銀杏を包み込んで下茹で。                                   ワンタンの皮で包んで揚げました。パリパリのワンタンの皮の中からもっちり海老、そしてその中から嬉しい銀杏。                  山椒塩でどうぞ。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

 

<お造り>「鯛の昆布〆のポン酢ジュレ」                                                 皮をあぶった鯛を昆布〆にして、千切り大根と竜皮昆布を巻いて、ポン酢ジュレで召し上がっていただきます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

 

<魚料理>「揚げ鱈のみぞれあん」                                                         鱈と白子を揚げて、おろし大根と春菊を混ぜた熱々のあんをかけました。                                     淡白な鱈にうまみが加わって、身体も温まる一品です。                                                                

                                                                                                                                                              

 

Information                                                                                                                                                 <みなさまへお願い>

できるだけ前もってのご予約をお願いいたします。当日突然のご来店ですと、かなりお待たせすることがございます。                                                                                     お越しいただく前にでもお電話をいただけると大変ありがたいです。  

また、夜のコース料理ですが、¥6000・¥8000・¥10000のコースは前日までのご予約とさせていただきます。                                                                                   当日のキャンセルにつきましては、半額のキャンセル料をいただいております。どうかご了承くださいませ。                    

 

皆様のお越しをお待ちしております。                                    胡豆昆店長・料理長  中西敦子            

Information