2016-09-20 18:47:00

        <胡豆昆寄席>

4月に大好評だった胡豆昆寄席。

皆さまのご要望にお応えして、第2回開催決定いたしました。

落語家さんは第1回でお世話になったお三方。

アマチュアとは思えない強者揃いです。

落語好きの方、興味のある方がずいぶん増えているようで、

4月もあっという間にお席が埋まってしまいました。

今回はどんな噺で笑わせてもらえるのか、楽しみです。

  

  日時:   11月23日(水)  昼の部 11:30~15:00(13:00~落語)
                     夜の部 18:00~21:30(19:30~落語)  
  

  会費:   ¥5400(税込)(お食事+ライブ)
  

    定員:   昼・夜各30名
  

    お申込み: 9月23日(金) 14:00~  
        

             お電話で受け付けさせて頂きます。☎052-232-1088
        お申し込みは4名様まででお願いいたします。

 

微笑亭さん太(ほほえみてい さんた)
  アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師 匠方 にも提供。  『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』   『男女共同  参画落語』などの、特定のテーマの落語もお手のもの。

 

川の家河太朗(かわのや がたろ)
 愛知・常滑に拠点を置き、落語の会があると聞くと出番もないのに着物を持って出かけ、何時代演を頼まれてもよい様に準備をする。 落語と車のコトにはめっぽう詳しく、家族の冷やかな視線を尻目に2シーターの助手席に 着物を放り込み、愛知の街を走り回る『楽語の会』の古株の一人。

 

南遊亭栄歌(なんゆうてい えいか)
    1979年、大学3年の時に落語を始める。「餅屋問答」「ちりとてちん」「代脈」などは十八番で『鉄板』との本人談。マクラに精力的で、殊に仕事を絡めたネタは絶品!お客さんからも定評を得ている。
   社会人落語選手権の大阪本選・東京大会の両チャンピオンの実績がある。